モンドセレクション金賞受賞



 欧州経済共同体(EEC)とベルギー王国経済省が1961年から開始した酒類、農海水産物、菓子、飲料並びに非食品(化粧品、洗剤、塗料)を対象とした、現在では世界各国のメーカーが自信作を出品する権威のある品質選考会です。

 審査対象となるのは、衛生・味覚・原材料・包装などの項目で、モンドセレクション審査委員会が審査し、以下の基準で賞が与えられます。

モンドセレクション

 モンドセレクションには、毎年世界中から4,000種類以上の商品が応募され、厳しい審査を受け、評価基準を満たした商品には、賞状とEU本部ビルを浮き彫りにしたメダルが授与されます。
 このように受賞された商品は、真に国際的な評価基準を満たしており、世界に通用する商品であるといえます。

 
 日本古来の調味料として愛用されてきた味噌を、かねさ独自のフリーズドライ製法で顆粒状にしたパラミソが、歴史ある食文化を誇るヨーロッパで高い評価を受けたことになります。
  かねさのフリーズドライ製法は、乾燥方法としては最高水準の技術で、押出造粒法と組み合わせた独自の顆粒味噌の製造方法によって、味噌の均質的な乾燥が可能となり、品質変化の少ない顆粒味噌の製造に成功しました。
 このような技術開発と、顆粒という新しい形態になったことによる新規需要の掘り起こしと、味噌の消費拡大と食生活の多様化にも寄与したことで、弊社代表取締役は2004年度の文部科学大臣賞(科学技術振興功績者)を受賞しています。
 「ひいふうみそ汁」には、パラミソと具材を組み合わせた商品で、簡単・便利なミニパック商品と、保存しやすい缶容器に入った商品があります。それぞれ具材としてわかめ、とうふ、しじみ、油あげの入った商品があります。

モンドセレクション


 International Taste & Quality(iTQi 日本名=国際味覚審査機構)は、シェフ、およびソムリエからなる審査員によって、味覚の優れた食品並びに飲料品を審査し、表彰を行っている独立機関です。
 審査にあたり、iTQiは8つのヨーロッパ料理協会の最高権威者、および国際ソムリエ協会(ATI)と緻密な協力関係を結んでおります。
 審査は年1回、スーパーマーケットなどで販売されている、世界中から集められた食品および飲料品が対象です。

 

2009年度「M3ひいふうわかめ汁」優秀味覚賞受賞
 
 2009年度のiTQi優秀賞(★★)を受賞したのは鰹節、昆布、まぐろ節、しいたけの合わせだしを使用し、深みのある味わいに仕上げた即席みそ汁「M3ひいふうわかめ汁」。
簡易包装でゴミも少なく、アウトドアや旅行などの持ち運びにも便利です。
 
2008年度「本場あおもりしょうがみそ」優秀味覚賞受賞
 
 2008年度のiTQi優秀賞(★★)を受賞したのは青森を代表する郷土料理「みそおでん」のタレ、「本場あおもりしょうがみそ」。
 「本場あおもりしょうがみそ」は、しょうがの風味が食欲をそそる万能調味料ですが、iTQiで食のプロに認められたことで、世界の料理にも通用することが証明されました。2007年の津軽海峡無添加赤粒味噌に続いて、2年連続の受賞となりました。
 
2007年度「津軽海峡」優秀味覚賞受賞
 
 2007年度のiTQi優秀賞(★★)を受賞したのは国産の大豆と米を使った甘口赤粒の「津軽海峡」。
 「津軽海峡」は2年前に製品化した、長期熟成(5ヶ月以上)の赤粒味噌。国産大豆・国産米を使用した十割糀(こうじ)の甘口赤糀味噌です。津軽の天然水(梵珠百水)を使って仕込みました。
iTQi