できたてのみそ汁が一番おいしいのはなぜ?

できたてのみそ汁が一番おいしいのはなぜ?

回答

「みそ汁は煮えばなが最高においしい」とよくいわれますが、できたてあつあつのおみそ汁から漂うおみその良い香りがおいしさの重要ポイントです。
この香りは90℃以上になった時に最も強くなります。でもおみそ汁を長く加熱したり、グツグツ煮立ててしまうとこの香りが損なわれてしまい、おみそ汁のおいしさは半減してしまいます。おみそ汁を作る時、昔から
「おみそは最後に溶き入れる」 「ひと煮立ちしたら、火を止める」
といわれるのは、このためです。