お味噌って傷むものですか?

お味噌って傷むものですか?

回答

味噌を買い置きして収納庫等で保存すると、気がついたら味噌の色が買った当時より赤(茶色)く変わってしまった、という声をよく聞きます。これは、味噌の発酵・熟成が進んだことであり、味噌が腐ってしまったとか、傷んで食べられない、ということではありません。味噌は発酵食品であり、時間の経過や気温の変化などに反応して、色がだんだん赤(茶色)からやや黒っぽくなるまで変わっていきます。また、茶色い液汁(うまみの成分)が染み出すこともございます。
これらの現象はむしろ自然なことで、味噌が傷んだこととは異なりますが、味・香りなど風味が変わりますので、味噌はあまりたくさん買い置きをせず、特に気温の上昇する夏場は、なるべく冷蔵庫等の涼しい場所に保存されることをお勧めします。また、色が変わってしまったお味噌は、他のお味噌と混ぜたり、味噌漬の漬け床などにご利用ください。